ホーム > 事業内容、事業所の役割

事業内容

ゼログラフィー製品、事務用機械器具、印刷機器、情報処理/通信機器、及び関連諸製品の開発・製造・試作及び販売、これら商品の消耗品の開発・製造・試作及び販売、電気電子部品、金属加工部品、ゴム/プラスチック部品の製造及び販売など

高品質、低コスト、短納期で、お客様の要望に応える生産ソリューションを実現しています。

国内拠点の有機的な連携により、タイムリーかつスピーディに商品、部品などを提供します。

竹松事業所(神奈川県南足柄市)
複合機やプリンターの消耗品を製造

感光体ドラム Marking Unit

竹松事業所長 高野 洋

竹松事業所では、複写機やプリンターの重要な消耗品である感光体ドラム、および、粉砕トナー、さらに、ドラムおよびトナーを組み合わせたマーキングユニットなどの画像形成材料の製造を行なっています。使用済みトナーカートリッジやマーキングユニットの再利用・再資源化にもいち早く着手しており、資源やエネルギーを抑えるリサイクル活動を積極的に推進。埋め立て廃棄ゼロ(ゼロエミッション)を達成するなど、リサイクル化による資源循環システムの構築に大きく貢献しています。

新潟事業所(新潟県柏崎市)
レーザープリンターの生産

Color 1000 Press DocuColor 1450 GA Docu Wide C842 Versant(TM) 2100 Press リサイクルカートリッジ

新潟事業所長 田辺 勝成

新潟事業所では大型プリンターをはじめ各種複合機、プリンターの生産を行っています。
また海外生産工場をリーディングする生産工場としてXPW(Fuji Xerox Production Way)にもとづく生産革新活動を積極展開し、高技能型生産を実現、培ったノウハウを生産プラットフォームとして富士ゼロックスの各生産拠点へ展開を図り、富士ゼロックス及び関連会社一丸となってお客様のニーズにフレキシブルにお応えしてまいります。
更に使用済みトナーカートリッジの回収、リサイクルといった地球環境に配慮した循環型社会への取組も積極的に展開しています。(平成24年度 新潟県環境保全優良事業所表彰)

鈴鹿事業所(三重県鈴鹿市)
複写機/プリンターの基幹部品を製造

機構部品 IBTベルト LEDプリントヘッド

鈴鹿事業所長 葛西 克郎

鈴鹿事業所では複合機・レーザープリンターのキー部品および資源循環型商品の生産を行っています。キー部品ではPWBA(高密度実装基板)と画像形成部品(ゼログラフィプロセス部品)のほか、オプトエレクトロニクス部品として旧来のレーザーマーキングに加え、自社開発したLEDプリントヘッドを生産しております。さらに複合機の省エネに大きく貢献するIH定着技術を用いた定着ユニットの組み立ても行なっています。

資源循環型商品では、使用済み商品や部品の回収を行い、リサイクル、リユースの部品及び商品の生産を行うなど、循環型社会への貢献も積極的に行っています。

また、鈴鹿事業所ではXPWにもとづく生産革新活動を推進しており、従業員全員参加型の改善活動が評価され2017年にGoodfactory賞(一般社団法人日本能率協会)を受賞しております。

富山事業所(富山県滑川市)
EAトナーで高画質をリードする

トナーカートリッジ

富山事業所長 田外 太

富山事業所では、トナーの高画質化と低環境負荷を化学製法で実現したEA(Emulsion Aggregation)トナーに加え、更に機能向上させたEA-Ecoトナーを製造しています。
EA-Ecoトナーは新規に開発した「シャープメルトポリエステル」により、従来のEAトナーに比べ、約20℃低い定着温度でも用紙への定着が可能となりました。さらにEAトナーと同じようにワックスを内包した完全なオイルレストナーでありながら、高い光沢を提供しています。
このように低定着温度と高光沢再現性を両立したEA-Ecoトナーは、EAトナーに比べ、光沢モードで約40%の消費電力を削減でき、CO2排出削減に大きく貢献しています。
また、弊社トナーは、2002年度(EAトナー)、2010年度(EA-Ecoトナー)日本画像学会技術賞受賞など、高い評価を得ています。